脂肪冷却の効果や体験サロンをご紹介-痩身エステ

様々なダイエットを試してみたけど、イマイチ効果が上がらない人が最終的行きつくのは、医療行為の脂肪吸引と言われています。
しかし、脂肪吸引は外科的手術になるためリスクを伴う上に費用も高額になるので、なかなか一歩を踏み出せない人も多いようです。

そのような人に注目されているのが、脂肪冷却マシンです。
脂肪冷却は、その名前の通り、余分な脂肪だけに冷却刺激を与えて痩身効果が期待できる新時代のダイエット法です。早速詳しく見ていきましょう。

脂肪冷却とは?

脂肪冷却イメージ画像

脂肪冷却は、キャビテーションと同様「切らない脂肪吸引」とも呼ばれています。
従来のような脂肪細胞を燃焼させて痩身効果を得るダイエット法は、根本的な脂肪細胞の量は減らないので、リバウンドを起こしやすいという難点があります。

その点、脂肪冷却は脂肪細胞の数を根本から減らしていくことができるのでリバウンドしにくく、激しい運動などをすることなく理想の体型に近づけることが期待できます。

脂肪冷却の仕組み

脂肪冷却の仕組みイメージ画像

では、どのようにして脂肪細胞を減らしていくのかをご説明しますね。

人間の体は70%の水分でできているのはご存知ですよね。
体の殆どの水分が0℃で凍り始めるのに対し、脂肪細胞は4℃で凍り始めます。
この理論を応用して、皮膚や血液、リンパ管や周囲の細胞にダメージを与えることなく、脂肪細胞だけに冷却刺激を与えて、脂肪細胞を減らすことができます。

脂肪冷却の特徴
  • 痛みがなく安全性が高い
  • 部分痩せが可能
  • お肌への負担が少ない
  • 1回の施術でも効果を実感しやすい
  • 脂肪細胞の数を減らしていくので、リバウンドしにくい
ゆかり

切らない脂肪吸引とも呼ばれるだけあって、高い効果を期待できるマシンです。その上痛みがなく肌への負担が少ないのも魅力ですね。
脂肪冷却によって老廃物となった脂肪は、代謝よってゆっくりと体外へ排出されます。後ほど詳しく解説しますが、老廃物の排出を促すために施術後自分でマッサージを行うこともおすすめです。
脂肪冷却施術から数週間後にマッサージなどの施術を受けられるサロンもありますよ。

脂肪吸引との違いは何?

脂肪吸引との違いを考える女性

脂肪細胞の数を減らしていくという点では脂肪吸引と脂肪冷却は同じです。
確実に効果を出せてリバウンドしにくいというメリットも同じですが、脂肪冷却と脂肪吸引では、そのアプローチ方法が全く異なります。

脂肪吸引の場合

冒頭でも述べましたように脂肪吸引は外科手術です。
麻酔をして皮膚にメスを入れ、器具を挿入し脂肪を吸い取ることで脂肪細胞の数を減らす医療技術になります。
皮膚にメスを入れるわけですから、その傷口のケアをしていくにあたり、生活が制限されます。
更に、術部の青あざも広範囲になるので、完全に消えるまでに少なくとも3週間ほどはかかります。
施術に時間がかかり施術後もダウンタイムが発生するという点が、脂肪吸引を敬遠してしまう理由のひとつになっているようです。

脂肪冷却の場合

その点、脂肪冷却は施術も1~2時間程度で終わりますし、痩身部位のケアや生活制限もありません。
痩せたい部位に脂肪冷却マシンのカップに装着するだけで、脂肪細胞に冷却刺激を与え脂肪細胞の数を減らすことができます。
いくつかの注意点はありますが、比較的安全性が高いので、脂肪吸引が病院や美容外科でしか受けられないのに対して、脂肪冷却は痩身エステサロンでも受けることができます。

脂肪冷却を受ける前に知っておきたいこと!

注意点を解説する女性イメージ

リバウンドしにくく効果を実感しやすい脂肪冷却ですが、いくつか注意点があります。
脂肪冷却を受ける前に知っておきたいことを4点まとめました。

生理中は避けた方が良い

通常、生理中は痩身エステの施術を避けるのが無難ですが、生理が落ち着いた頃なら施術を受けられるサロンもあります。
ですが特にお腹の施術を行う場合は、生理中は避けた方が良いです。
お腹を冷却する行為になるので、お腹が緩くなり体調を崩す人も稀にいます。
生理中は、ホルモンバランスが乱れてお腹も敏感になっているので、できるだけ避けるようにして下さいね。

施術前は体を温めすぎないようにする

脂肪冷却は、脂肪細胞に冷却刺激を与え効果を発揮するダイエット法です。
なので、施術前にサウナや岩盤浴、温泉などで体内から温める行為を行うと、施術時に脂肪細胞を冷却しにくくなり、効果が半減してしまう可能性があります。
従来の脂肪燃焼系のダイエット法とは真逆の考え方になるので、必要以上に体を温めないよう気を付けて下さいね。

施術後はセルフマッサージを行うようにする

脂肪冷却により凍った脂肪細胞は老廃物となり、リンパに流れて排出されます。
お風呂上りや寝る前に施術箇所をセルフマッサージすることで、脂肪細胞が排出されやすくなります。
リンパの流れに沿って、軽くセルフマッサージをするだけでも効果が変わってきますよ。

赤みや内出血が出る場合も

脂肪吸引と比べると皮膚への負担は少ないですが、痩せたい部位に脂肪冷却マシンのカップを装着するので、まれに赤みや内出血が出る場合があります。
肌が敏感な人や、日頃から内出血を起こしやすい人は、施術前のカウンセリングでしっかりと確認するようにしましょう。

脂肪冷却が体験できる注目サロン!

脂肪冷却を体験してみたいという方のために、取り扱いのあるサロンを調査しました。
お得なプランが用意されているサロンもありますので、要チェックです!

表中のクリックタップすると詳細をご覧いただけます。

(価格は税込です。)

サロン 格安体験 店舗数
ラ・パルレ
あり 26
料金 冷却美脚ダイエットコース
70分 9,800円
コース内容 ヒートマット/セルライトバスター/EMS/衝撃波/脂肪冷却
特徴 血行やリンパの流れを促し代謝をUP。充実のプラン内容でセルライトや脂肪を徹底ケアします。
≫ラ・パルレの公式サイトはこちら
サロン 格安体験 店舗数
銀座グラティア
あり 30
料金 脂肪冷却ダイエットコース
2ヶ所×2回 8,800円
コース内容 脂肪冷却とハンドマッサージで2ヶ所施術
特徴 痩せたい部位2ヶ所の施術を2回受けられるコース。ハンドマッサージも行いリンパの流れを促します。
≫銀座グラティアの公式サイトはこちら
サロン 格安体験 店舗数
ル・ソニア
あり 13
料金 脂肪冷却トリートメント
60分 4,320円
コース内容 細胞活性/脂肪冷却/マッサージorキャビテーション
特徴 細胞活性・血行促進の後に脂肪冷却でケア。1~3週間後にマッサージやキャビテーションなどで老廃物を排出させます。
≫ル・ソニアの公式サイトはこちら
レイビス
なし 22
料金 脂肪冷却
要確認
コース内容 脂肪冷却
特徴 脂肪冷却の取り扱いがあるサロン。価格が公開されていないので、確認が必要です。
≫レイビスの公式サイトはこちら

まとめ

脂肪冷却ダイエット成功イメージ画像

いかがでしたでしょうか。
それなりの勇気と覚悟が要る脂肪吸引と比べて、脂肪冷却は医療行為に近い効果が期待できるにも関わらず、気軽に受けることができます。
無理なく脂肪細胞の数を減らすことができるので、自然にボディメイクができる!と話題になっています。

「様々なダイエットを試してみたけど、イマイチ効果を感じることができなかった…」という人は、是非脂肪冷却ダイエットを受けてみてはいかがでしょうか。