生理中でも痩身エステに行って大丈夫?生理前にも気をつけたいこと

痩身エステに通う際、知っておきたいのが生理中でも痩身エステを受けてOKかどうか。
うっかり予約日と重なってしまった!なんてことも起こり得ることですが、生理中でも気にせずエステを利用して良いのか、予約をキャンセルするべきなのか、どのように対処するべきなのでしょうか?

そこでこちらのページでは、①生理中に痩身エステに通うことはできるのか②生理前にも気をつけたいことの2点を中心に、詳しくご紹介します!

生理中に痩身エステを受けても良いの?

生理中の痩身エステについて悩む女性

結論から言うと、"生理中に痩身エステに通うことはあまりおすすめできません"
おすすめできない理由を4つ挙げてみました。

漏れが気になる

おすすめできない一番の理由は、何と言ってもこの「漏れ」
普段の生活でも、生理の漏れは多くの女性の悩みの種ですが、エステ中ならその心配もなおさら。
エステ中は紙ショーツ1枚で施術を受けるサロンが多く、タンポンを使用したとしても万が一の漏れや臭いが気になってしまいます。

ましてや出血の多い生理2〜3日頃なら、どうしても経血の漏れが気になってしまうはずです。
生理が落ち着いた頃なら、エステを受けても大丈夫ですよ、と快く受け入れてくれるエステ店は多いものの、やはりちょっとした動きで血が漏れてしまったら、こちら側としても申し訳なくなってしまいますよね。

施術中、常に生理のことが気になってしまうことに加え、エステ中は大量の汗をかくので不快感も増大。
気持ちの負担も増すだけなので、生理中に痩身エステの施術を受けるのは避けましょう。

貧血が起こりやすい

生理中は血液が子宮へ集中するので、脳への血液量が不足すると貧血を起こしてしまうことがあります。そのため、生理中は貧血になりやすい状態と言えます。

そのため、エステで血の巡りが良くなると、ちょっとしたはずみで貧血を起こしやすくなります。
大丈夫だよね!と軽い気持ちでエステに通って、貧血で倒れてしまったとなると大変ですので、自分の体のことも考え生理が落ち着いた段階であっても、痩身エステに通うことは避けてください。

肌に負担がかかる

生理中の女性の肌は、普段よりも刺激に対して敏感になっています。
痩身エステのほとんどは、機械を通して超音波や熱などを肌に当てていきますよね。
肌が敏感な時にこれらの刺激を与えてしまうと、やはり何らかの負担が肌にかかってしまうことになります。
肌荒れを引き起こしてしまったり、酷い場合はアザができたりすることもあるので、生理中のエステはあまりおすすめできません。

生理後の方が痩せやすい

「生理前は太りやすく、生理後は痩せやすくなる」なんて話をよく耳にしますよね。
普通にダイエットをしている皆さんの中にも、生理後を狙って食事制限や運動をしたことがある方もいると思いますが、せっかくならば痩身エステを利用する際もこれを大いに利用しちゃいませんか?

同じ施術内容でも、むくみが溜まりやすい生理前や生理中に行うよりも、体の巡りが正常に戻った生理後に行った方が効果的です。
無理して生理中に通うよりも、生理がきちんと終わった後に通った方が断然◎です!

生理前に気をつけたいこと

ここまで、生理中にエステに通うことはおすすめできない理由について詳しくご紹介してきましたが、生理日とエステが被ってしまうことを防ぐためには、やはり生理前にきちんと予定日の目安を確認しておくことが非常に大事です。

生理がいつ来るか大体の目安が立てられる人は、出来るだけそれらの期間を避けてエステの予約を入れるようにしてください。
もちろん、生理予定日からズレてしまうことはあると思いますので、その場合はサロンに連絡をして予約日の調整をしてもらいましょう。
もしも予約日の当日に生理が来てしまった場合も、サロンへ連絡をして相談しましょう。

日頃から生理不順で生理の予測が全くできない!という人は、その旨を事前にサロンに伝えておくのも良い対策です。
生理不順の原因は人によって様々ありますが、もしその原因のひとつが生活習慣によるものだった場合、カウンセラーから適切な生活習慣指導が受けられるかもしれません。

まとめ

生理中のエステについての疑問は、解決できたでしょうか?
経血の漏れはもちろんのこと、貧血などの体調面を考えても、生理中にエステに通うことはおすすめできないことを、こちらのページを読んでくれた皆さんなら、きちんとお分りいただけたかと思います。

予約日と生理が被らないための対策も合わせてご紹介したので、ぜひ皆さんもこれらを参考にして、これからの予定を立ててみてくださいね!