悪質痩身エステの特徴まとめ!強引な勧誘や金銭トラブルについて

痩身エステサロンの中には、注意しなければいけない悪質なサロンも存在していることをご存知ですか?
例えば体験コースでエステに訪れた際に強引な勧誘を受けたり、お金にまつわるトラブルが起きてしまったなんてことも!!
そこでこちらのページでは、悪質痩身エステの強引な勧誘と金銭トラブルについてまとめてみました。
痩身エステを利用する前に知っておくと安心ですよ!

悪質痩身エステの強引な勧誘

エステの強引な勧誘に困る女性

一般的に"悪質"と呼ばれる痩身エステで起こる最も多いトラブルが「強引な勧誘」です。
エステや脱毛では勧誘のしつこさが問題視され、昔よりは少なくなっていますが、未だに来店したお客様を困らせる勧誘をしているところもあるようです。

悪質な勧誘とは?

悪質な勧誘がどのようなものなのか、みてみましょう。

しつこくその場で契約させようとする

一番多いのは「しつこい」と言うことや、「その場で無理矢理契約を取ろうとする」ことです。
サロン側も商売ですし、痩身エステで綺麗になってもらいたい想いから、多少の勧誘をしてくることは予想されます。
しかし、繰り返し繰り返し契約をさせようとする場合は悪質と言えます。

不安になるような言葉をかけてくる

痩身エステのメニューを直接勧誘する以外にも、来店したお客様の不安や危機感を煽り、契約を促そうとすることもあります。
「◯◯さんは特にセルライトがひどいですね…。すぐにケアを始めないと、もっと酷くなりますよ!」などと不安にさせ、「今申し込まないと!」と思わせるような言い方をします。

断りにくい状況を作る

エステサロンのカウンセリングは、他の人の目を気にせずに気軽に話せるように個室が用意されていることがほとんどです。
悪質な勧誘においては、この“個室”という空間が断りづらい雰囲気に拍車をかけます。
かなり稀ではなりますが、カウンセラー以外に、エステティシャンが加わり、数人でプッシュしてくることも!

勧誘の回避方法とは?

痩身エステを安心して利用するために、知っておきたい勧誘の上手な断り方をお伝えしておきましょう。

ポイントは「今日この場では契約することはできない」という意思を強く見せることが大事です。
具体的な断り文句をご紹介しておきましょう。

  • 「来週、比較中の別のサロンに行ってから決める予定です」
  • 「お金が準備できるか考えてから決めます」
  • 「この後予定があるのでそろそろ帰ります」

このように、「今日は申し込まないよ!」と意思表示をすることで、サロン側も深追いしにくくなります。
ちゃんとしたサロンなら、今しつこく勧誘するよりも、後からでも契約をしてもらえるように今は良い印象を与えようとするはずです。
強引な勧誘を受けた場合は、しっかりと自分の意思を持って断るようにしましょう!

痩身エステの金融トラブル

金融トラブルで困るエステのお客

痩身エステは一回の料金が高い分、特に費用面では慎重になりたい所。
ですがお金に関するトラブルは思っている以上に起こりやすく、だからこそ事前の準備や認識がとても大切になってきます。
金融トラブルの例を3つご紹介します。

別途で費用がかかる

施術費用とは別に、エステを受ける上で必要になってくる消耗品などの費用が、後からかかってしまうトラブルです。
例えば、マシンを使用する際に塗るジェルやパッドなどが該当します。
初めて痩身エステを受ける方は見逃しがちなものですので、金融トラブルとしては多い事例となります。
契約する際は前もって別途でお金がかからないか?を、きちんと確認するようにしましょう。

予約キャンセル料が高い

どうしても抜けられない用事が出来てしまって、予約をキャンセルしなければならいということも起こり得ますよね?
サロンによっては、キャンセル料がかかるところがあります。
特に当日キャンセルの場合は、キャンセル料として"施術代金を全額支払わなければならない"場合も!

1回の費用でも1万円〜5万円する所がほとんどですので、キャンセル料が発生すると知らずに契約してしまい金融トラブルに発展する、なんてこともそう珍しくはありません。
エステを契約する際は、予約のキャンセル料が発生するのかもきちんと確認しておきましょう。

解約や返金がややこしい

痩身エステの10回コースを申し込んだけれど、途中で通えなくなってしまった!
このような時に解約手続きをスムーズに行ってもらえなかったり、残金の返金を断られるなどのトラブルが起こることがあります。
何日以内なら解約や残金の返金が可能なのか、契約時に必ず確認しておきましょう。
解約やクーリングオフ、ローンなどについて、詳しくは下のページをご参考にしてください。

まとめ

悪質痩身エステの強引な勧誘と金融トラブルについてご紹介いたしました。
できればどちらも起こって欲しくはないことですが、悪質勧誘の断り方や金融トラブルの事例などをきちんと把握しておくことは、これから痩身エステを契約する上でとても大切になってきます。
受け身にならずきちんと断る意思を持つこと、契約する際は追加料金・キャンセル料・解約返金についてしっかり確認しましょう。